このエントリーをはてなブックマークに追加
542 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2016/08/06(土) 12:42:53.05 ID:5f9OlD6K.net
雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうひとに
仕事丸投げして帰りたい


    このエントリーをはてなブックマークに追加
736 名前:名無しって呼んでいいか?[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:42:06.56 ID:???
「夜どんなに落ち込んで暗い気持ちになろうと
その場で行動してはいけない
必ず朝の光の中で考え直しなさい」

大学に入った時、最初の授業中に年配の先生が
「若い人にこれだけは言っておきたい」と聞かせてくれた言葉

今でもありがたかったと思う


    このエントリーをはてなブックマークに追加
770 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2012/08/17(金) 09:38:34.50 0
ミニ豚ね。
友達が黒いミニ豚飼ってるわ。
犬より頭が良いらしいよ。
名前は「トンカツ」君と「冷しゃぶ」ちゃん。

773 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2012/08/17(金) 09:39:05.89 0
>>770
なんでそんな名前にw

795 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2012/08/17(金) 09:44:05.15 0
>>773
友人宅から貰ったミニ豚らしいんだけど
雄は「トンカツソース」の段ボール
雌は「冷しゃぶのタレ」の段ボールに入れられて来たらしい。
とりあえず名前を決めるまで&ブラックジョークで呼んでたら
豚が思ったより頭が良くて、自分の名前だと認識してしまい上書き不能。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
369 名前:なまえをいれてください[] 投稿日:2012/08/22(水) 09:26:30.90 ID:GAATYPQ4
1. 納豆菌は、栄養不足になると休眠状態の胞子をつくる。
2. 胞子は、栄養源なしで100万年以上生きると推測されている。
3. 100oCで煮沸しても死なない。
4. 人間の致死量の3千倍の放射線(1万グレイ以上のガンマ線)を照射されても生き残る。
5. 紫外線にも強い。
6. 超真空にも耐えられる。
7. 宇宙空間で6年間生存できる。

納豆菌の持つこれらの能力が、かれらが宇宙からやってきたことを示す強力な証拠です。
もし納豆菌が地球で生まれた菌であれば、こんな能力が進化の過程で身に付くはずが
無いからです。

納豆菌の目的はずばり、地球を支配することです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
222: 名無しの心子知らず 04/03/27 02:57 ID:HhHT5td5
うちの母のこと。
うちの母は私が子供の頃、薬を嫌がって飲まないからって
ジュースにこっそり混ぜたり食べ物に混ぜたりして私に内緒で飲ませてた。
だからかなんだか知らないけど去年の朝、駅のベンチで電車待ってたら
異常なほどの眠気に襲われていつの間にか爆睡してしまった。
私が爆睡してる間、周りは「ホームに意識不明の女性がいる」と大騒ぎになって
私は救急車で病院に運ばれてて病院で目が覚めた。
検査の結果特に異常がなかったので、念のため1泊しただけで帰されたんだけど
家に帰ったら母が「効きすぎちゃってゴメン」と言う。
母は私が「最近よく眠れない」と言っていたのを聞いて夜、私が食事中に
飲む麦茶によかろうと思って睡眠剤を混ぜたらしい。
が、どういうわけか効いたのがだいぶ時間が経った朝だった。
「なんでそんなことするの!」と怒ったら心配そうな顔で
「だって眠れないって言ってたから・・・」
それからついこの前、夜から次の日の昼間でずーーーっと腹痛と下痢でトイレ何回も行った。
「何か悪い物食べたかなぁ・・・」と考えていると母が
「出てよかったじゃない?最近あんたお通じないって言ってたから♪」と言う。
まさかと思って聞いたら前の日の夜、私がトイレ行ってる間に私が飲みかけの
ジュースに下剤を入れておいたと言う。
なんでそんなことするんだよ!!!
いずれ毒薬でも入れられるんじゃないかと・・・(汗




このページのトップヘ