このエントリーをはてなブックマークに追加
21:本当にあった怖い名無し :2010/09/22(水) 18:31:06 ID:paTbZWjs0
「ねぇお父さん、明日晴れるよね?」

「え?どうしてだい?」

「だってお父さんとわたしで、てるてる坊主二つだよ」

「あぁそうか。うん、晴れるだろうね。結果はわからないけどきっと晴れるよ」


    このエントリーをはてなブックマークに追加
175: 本当にあった怖い名無し:2012/02/09(木) 09:02:01.06 ID:e2dCz3wS0
中一の頃、夜中に2階の自分の部屋で勉強をしていると窓の網戸がカチャカチャ鳴り出した。
ベランダなんて無い窓の網戸だし風がなくて
暑い夜だったから妙に恐くて窓のほうは見ないようにしてたんだけど
突然、カチャカチャ鳴る音が止まって遠くで赤ん坊が泣いているような声が聞こえ始めた。
我慢ができなくなった俺が勇気を振り絞って振り向くと網戸に赤ん坊の顔ぐらいの白い塊
が張り付いてた。
マジでビビったんだけどよく見てみると明らかに物質というか実在する物の質感があった。
好奇心が恐怖心を上回った俺はゆっくりと足音を立てないように網戸に近づいて
ソレが何なのか確認した。
・・・網戸に張り付いて動けなくなってる生後2~3ヶ月の仔猫だった。
これが家の愛猫との出会いだ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
294 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/19(木) 22:18:56.54 ID:otjMr2dE.net
【ベッキーのヘイポー風謝罪文】

この度は、再三にわたり、素人である奥様サイドにご迷惑をおかけし、心よりお詫び

申し上げます。

ここだけの話、「川谷妻はバンギャで、結婚前も二番目の女であった」というギョーカイ内での

ウワサを聞いたこともあり、世間的に、好感度タレントでハーフブームの先駆けであります、

私ベッキーが適当にすれば捻りつぶすことは可能、と踏んで川谷さんとチョメチョメしたのは

事実であります。

紅白出場歌手とはいえ、あの程度の流行りもののバンドのボーカルならば、

どうとでもなるということはギョーカイの常識であります。

よって素人の奥様が私のような美人ハーフタレントと一時でも肩を並べることができた、

という名誉を得られるのですから、

不倫ぐらいの行為はOKだろうと、安易な考え方をしてしまい、あのような行為を

いたしてしまいました。

しかし、歌番組の収録後にもかかわらず、いやらしい目で舐め回すかのように、

私のホットパンツから出た生足を見てきた川谷にも責任の一端はあります。

私が川谷に離婚を迫った時にまんざらでもないというどスケベなLINEが返ってきたので、

「アラ、いいですねえ」の波が何度も押し寄せて来ちゃって、 最終的には友達で押し通す

予定という結果となってしまいました。

今回、「奥様レベルのど素人でも、金で黙らせることはできないんだ」

と分かったことは大いに勉強となりました。

まずは、取り急ぎ書中をもって、謝罪の念を示したいと思います。

世界のレベッカ・英里・ヘイポーン


    このエントリーをはてなブックマークに追加
107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 11:38:37.63
披露宴で新婦がやらかしちゃって、その場で物別れって式に出た。
私は新郎の従姉妹という親族。
新郎新婦は1年くらい交際した上での結婚だったらしい。
新婦友人の余興の折、新婦も友人達と一緒にステージに。
なぜか中央に立ったと思ったら、新婦がマイクを握りしめ、
「同居はしない。介護はしない。仕事は辞める。
結婚後も友達と海外旅行へ行くが笑って送り出せ。
専業主婦だけど家事は分担。子供は女の子しか産まない」
というような内容のことを、新婦友人たちのさだまさし合唱をBGMに熱弁をふるった。
新婦とその友人以外の出席者はどん引き。司会すらも絶句した。
口数も少なく穏やかな人柄の新郎は表情を変えて、怒りの表情もあらわに退席。
親戚が後を追ったが、控え室から一向に帰ってくる兆しなし。
ざわざわする中、新婦友人達もまずいと思ったのかこっそり退場。
新婦にとっては予想外の展開だったのか、新婦は高砂まで戻ったものの、その場で大号泣。
慰める人もおらず、新婦母が控え室まで引きずっていくまで、幼児が泣くような声で
泣き続けた。
そのまま、結婚の話は流れた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/21(火) 13:09:38.11 ID:oYExxDIO0
俺「ちゃんと料理とかするんだ?偉いじゃん、得意料理とかあんの?」

後輩「まー、適当に色々・・・あっ、逆に先輩は何か好きな食べ物とかあります?」

俺「えっ?えー・・・ひつまぶし、かな」

後輩「じゃあそれ得意になっときますね」

俺「お前・・・」




もう少しで惚れるとこだった
後輩男だけど



このページのトップヘ