573: 名無しさん 2016/05/20(土)22:34:19 ID:4fv
進学で家を出た兄が4年ぶりに帰ってきた
「あ、おまえにコレ渡そうと思って」と言って俺に1冊のノートを差し出す兄
そのノートには確かに覚えがある
俺が中学生時代に綴っていた魂の詩集だ
「なんか知らんけど家を出る時に持ってたカバンの中に入ってた」らしい
「…見た?」と聞く俺に、
「ああ。『地獄へドライブ おまえを道連れ』っていう詩が一番いいんじゃねえの?」
と真顔で言う兄。
こういう時はいっそ笑い飛ばしてくれたほうがいいのに
今すぐ金属バットで兄の後頭部を殴って記憶を奪い去りたい

576: 名無しさん 2016/05/21(日)00:41:32 ID:5Er
>>573
わからんよ~
マジでその詩(うた)が兄貴のテャマスィーを揺さぶったのかもw
兄貴はお風呂で自作のメロディーに乗せて口ずさんでるかも試練
♪地獄ぇ~ドゥラ~イヴ おっま~えを道・連・れっえ~イェイ!
とか