68 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/10/28(土)12:14:21 ID:???
大学時代、近所の酒屋でアルバイトしていた
一日あける感覚で、日本酒を買って行く陽気な親父さんがいて意気投合
「じゃ、いつか飲みに行こう」「そうですね」でお別れするスタイル
その日は店長が体調よろしくないということで、夕方前に店じまい
「あー 今月の儲け少なくなるなあ」と思いながら歩いていると、陽気な親父さんとバッタリ
「良い機会だ、飲みに行こう」となって、隣町のちょっと御高めな店で良い酒を久々に味わった
親父さんの奢りだったのもあるかも
翌日、講義を終えて酒屋に行くと、店長から
「親父さん、2日前の深夜に心不全で亡くなったそうだ」と言われる
正直、混乱。昨日の夕方に道でバッタリ、お店で良い酒飲んだばかり
良くしてくれた人なので、喪服をレンタルして店長に住所を聞いて線香上げに行った
すると、親父さんの妻は誰?という顔だったが、婆さんが面識もないのに
「ああ、(私)さん? 主人が生前、お世話になりました」と。
内心、えっと婆さん知らないんですけど思いつつ、線香上げて帰ろうとしていたら、
婆さんが
「昨日、主人が夢に出て来てね、貴方が来るからって。それと卒論、頑張ってくださいね」
と一言。
このサプライズに涙してしまったわ。
親父さん、無事大学卒業して、酒繋がりで酒蔵の経営スタッフしているよ。
ふらりと飲みに来ないかなあ