661 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2018/03/22(木) 05:58:35.42 ID:fh2lfx9+.net
10数年前くらい前の話
俺は腹痛で病院に行き、血液検査の結果
胆嚢の数値が異常との事で即入院
病室は大部屋の右側奥の窓のベッドになった

そんな ある日の真夜中の出来事
時間で言えば深夜2時位だったか、ふと眠りから覚めた
何か耳に聞こえていた。何かうめいている声
右側は窓なので、左のカーテン側に体を向けた
念仏?南無阿弥陀仏とか何妙法蓮華経とかそんな感じ
が聞こえている。
恐る恐る左側のカーテンを開けてみた
そこには、俺側に正座して手を合わせて念仏を唱えている
高齢の爺さんの姿があった。固まる俺…
ゆっくりカーテンを閉じて、恐る恐るベッドから離れ
ナースステーションに直行し事情説明
俺は部屋前の廊下のソファーに移動
程なくして、ベッドに正座したままの爺さんが
看護師2人の手によって俺の前を通り過ぎていった。