933: 名無しさん@おーぷん 2017/04/14(金)12:14:27
子供の頃、俺は母をエスパーだと思っていた。
「Aさん家は今年の雪かき要員に数えるの少し待った方がいい」
「近々物入りになるかもしれないから、部活用品の買い替えは来月ね」
「どこそこの道は通らないようにしなさい」

後日
Aさん家リコン→引越し
物入り→近所で不幸があって香典その他
どこそこの道→木が倒れてふさがれた。怪我人も出た
「どうしてわかったの」と聞くたび母は「女の勘よ」
母の勘はすげえと思っていた。

そして幾数年。
一昨年父が氏んだ。
母となんとなく例の女の勘について話したら「あれは嘘」だと。
本当はA夫のネクタイのローテーションがおかしくなったとか
近所で不幸がありそうだと嫁同士のネットワークで知ってたとか
木が折れそうなのを鳶さんから聞いただけらしい。

氏んだ親父が小言の多い人だったんで
上記を説明すると「人をじろじろ見るな」「噂話をするな」
とうるさいから
女の勘と言って済ませていたんだとさ。

要するにエスパーでも何でもなく観察眼が鋭く
社交性がやや高いだけのただの人だった。

現在は自分の見たことをズバズバ言ってる。
「Bさんとこの旦那さん、結婚指輪が違うのになった。リコン近いな」
「Cさんあの顔色永くないわ」
「Dさん家は嫁姑の勢力図変わったね。庭観りゃわかる」

エスパーでないのは判明したが、全部当たるのでやはり母が怖い