463 名前:なごみ[] 投稿日:2008/03/29(土) 01:48:21 ID:5XWug7Dc0
>本当の高級店とはこういう店をいうんだなとしみじみ感じた。

似たような経験したよ。昔、とある国で、なんとなくいい感じのレストラン?と思って入ってみたら
実はものっすごく高級なところで(入口がお忍びだった)、
回れ右しようとしたらにこやかに話しかけられた。
こっちはバックパッカー丸出しのボロボロファッション。
おそるおそる「食事できますか?」と聞いたら
「どうしてできないわけがあるでしょう?どうぞこちらへ」

むやみに恥をかかない、
しかし悪くない席(観葉植物をパーティションにしたオーケストラボックス前)で
丁寧な接客。見慣れない食材について面白トークをかましてくれるロマンスグレーのチーフ。
食後酒を勧められたけど夜行バスの時間が…と断って精算を頼んだら、
トレーにリボンを結んだケーキボックスを載せてよこしてきた。
チーフを目で探すと、ばちんとウインク。

バスの中で開けたら、桃のムースケーキと
「素晴らしい旅と良い夢を!おやすみなさい」ってメモが入ってた。
以来「イイよ!」と言われるレストランに行く時、
汚れた普段着で入ったらどうなるだろう…といつも思う。