ノスタルジー

556 名無しさんにズームイン! 2017/09/29(金) 22:20:57 Q62xGE/C0NIKU
40代ってもっと大人だと思ってたな
ワイ未だに子供のまんまや

631 名無しさんにズームイン! 2017/09/29(金) 22:23:57 HHnJWtLK0NIKU
>>556
それは自分もだよ。

自分が30年前に見てた40代ってもっとカッコよく見えてたのに、
自分が実際に40代になってはみたものの、、
何かガキっぽいと思えてならんものw

693 名無しさんにズームイン! 2017/09/29(金) 22:26:45 T8PVy8FmdNIKU
>>631
ナンシー関が
「大人って案外たいしたことないな」って気づいたときが大人になったってことなんじゃないか
って言ってた


828 名前:おさかなくわえた名無しさん [] :2013/05/28(火) 18:50:49.03 ID:+hey3KfL
全力でバカな事ばかりしてた小学生の頃

いろんなガスや気体の空気と混ざる性質について理科の授業で学んだ時
「じゃあ空気と混ざっていない”屁”はどのくらい臭いのだろう?」という疑問が湧きあがった
その日の食事の後、俺は子供ならではの純粋な好奇心を満たすべく
ガラスのコップを密かに隠し風呂場へ持ち込んだ
風呂の熱い湯の中、一日頑張って我慢した屁を放出しガラスのコップへ溜めていく
透明な気体がコップを満たしていく様子に満足しつつ、いよいよ己の顔面へ向けて
一気にコップをかたむけ空気を吸い込んだ

その屁のあまりの臭さに思わずウォウッと声をあげ瞬時にのけぞると
拍子に湯船の中で姿勢を崩して尻が滑りお湯にボグォっと沈み込んだ
大きく吐き出した空気の代わりに肺へ流れ込む風呂の湯にパニックになり
あわてて湯船から顔をだし大きく咳き込んだ俺はその場で激しくむせ返り
たらふく食った晩飯を湯船にぶちまけた

お湯に浮かんだゲロの中ぼうぜんとしていると母親が入ってきて俺を救い上げてくれた
「どうしたの!?具合悪いの!?救急車呼ぶか!?」
涙目で心配してくれる母親に申し訳なくなり正直に全てを話したら
母はテーブルにひじをついてうなだれ、父は涙を流して笑い転げ
姉はおれの頭を一発叩いて祖母を連れ銭湯へ行った

あれ以来風呂に入ると懐かしい思いとともにほろ苦い何かがこみあげてくる


幼い頃、貧乏過ぎて私の幼稚園の弁当のおかずにも窮した母は、
黄色いたくわんをみじん切りにしてご飯の上に敷き詰めてくれた。
幼稚園の先生が凄くビックリした顔をして、でもすぐ笑って
「たんぽぽのおべんとかな、なのはなのおべんとかな」って言ってくれたのを、
春が来るたび嬉しく思い出す。


41 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2017/04/27(木) 10:05:04.78 ID:TBonpYF60
子供の頃はえらいこと貧乏で、給食費もまともに払えなかった。
中二と中三の担任は(同じ先生)は、そんな俺を毎日のように教員室に
呼び出しては説教してた。でも内容は世間話みたいなもんで、
「これ俺苦手だから食ってくれない?親が持たせるんだよね」と
実家のダンゴ屋から持って来た饅頭やおはぎなんかを俺に食わせてくれた。
説教は口実で、腹を空かせてる俺を見かねて、しかも俺が恥ずかしい思いを
しないように配慮してくれていたのだった。甘い物は脳に良いと言われるが、
毎日のように食べていた甘い物のせいか、俺は成績がメキメキと伸び、
諦めていた高校にも特待生で進学することができた。大学にも進学できて、
俺は親の代からの貧乏から抜け出せた。
そこそこの会社に入って結婚して家も建てて、両親に孫を抱かせることも
できたし、二人とも幸せな老後を送らせて無事に見送ることができた。
それも全部、中学の担任の先生のおかげだと思ってる。今でも卒業式の
シーズンになると、一人で仰げば尊しを口ずさんでいる。

「仰げば♪ 尊し♪ 和菓子の恩♪」


20 名無しさん 2017/01/23(月) 17:32:17.27 lN5P15UE
高校時代の友人から実家に年賀状がきていたので返事に手紙を書いた
いまどき手紙なんて重いかなと思ってちょっと後悔していたのだけど返事がきた
気を使って貰って悪いなって気持ちと嬉しい気持ちで胸がいっぱい
DM以外の手紙なんていつぶりだろう
懐かしくて良いなあこの気持ち



このページのトップヘ