なるほど

333 名前:仕様書無しさん[] 投稿日:2017/04/17(月) 07:39:17.93 .net
この文章、読めますか?

3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした

おそらく皆さんほとんど読めたと思いますが
実はこの文、海外の日本語学校では超難問です
気づかれましたか?
「日」の字の読み方全部違うのです


21 公共放送名無しさん 2017/04/01(土) 19:32:36 O3bNvm2D
東京ドームって何センチだよ

25 公共放送名無しさん 2017/04/01(土) 19:33:09 UDpLHBJn
>>21
説明しよう!
東京ドーム一個分の広さとは46,755㎡(約4.7ha)のことを指し、
分かりやすく言うと一辺が216mの正方形だ。
また4.7haとは建築面積であり、選手が立つグラウンドは1.3haとなっている
ちなみにドーム3.4個分が日比谷公園、11個分がTDLの広さに匹敵するのであ~る

33 公共放送名無しさん 2017/04/01(土) 19:33:32 oIsviEZH
>>25
ありがとう解説仮面!また会おう解説仮面!!!


1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2017/05/12(金) 17:57:31.25 ID:???
★「カラス侵入禁止」警告文、なぜか効果 東大の研究施設
星乃勇介2017年5月12日05時50分

「カラス侵入禁止」。そう書いた紙をつるしたら、本当に来なくなった――。
岩手県大槌町にある東大の研究施設は春になると、カラスに「警告文」を出す。
研究者が放つ奇策だ。今年で3年目、東大が連勝している。

センターは世界的な海洋研究の拠点として1973年に前身がオープンした。
だが、震災の津波は3階建ての最上階まで到達した。その後、3階だけ仮修復したが、
1、2階はがれきの撤去後、物置になった。

佐藤教授によると、カラスの被害が目立ち始めたのは15年春。むき出しになった
1階天井のパイプの断熱材がむしり取られ、羽根やフンが落ちるようになった。

センター職員から相談を受けた佐藤教授も決定打がなく、知人で「カラスの専門家」の
宇都宮大「雑草と里山の科学教育研究センター」の竹田努研究員(環境医学)に
相談したところ、「警告文を出してみては」とアドバイスがあった。

佐藤教授は「冗談だろう」と思ったが、試しに警告文をつるしてみると、カラスはすぐ
来なくなった。
一時的かと思われた効果も長続きした。

竹田研究員によると、警告文を目にした職員や学生がカラスに視線を向けたり指さしたり
することで警戒して寄りつかなくなる、ということらしい。「不思議に思って、みんな空
を見るでしょ」


75: 水先案名無い人:2011/09/25(日) 11:46:28.90 ID:9qUDBuZ80
実家に郵便番号と番地(数字のみ)と名前だけ書いて送ったら届いたぞ。

80: 水先案名無い人:2011/09/25(日) 12:14:30.61 ID:H9EcjB8Q0
>>75
7ケタの郵便番号だけで番地の直前まで特定できるし
ビルによっては階層まで特定できる
例えば「107-0062」で「東京都港区南青山」まで特定できるし
「105-7019」で「東京都港区東新橋1-8-1電通本社ビル19F」まで特定できる

だから普通の郵便物でもメール便でも郵便番号と番地と名前が間違ってなければ届く
念のため住所はきちんと書いたほうが確実ではあるし
郵便局も町名までは書いてほしいって言ってくるけどね


1 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/01/08(日)23:20:03 ID:0oq
1.(右)生き様
2.(二)はなまち(花街は「かがい」)
3.(三)一巻の終わり
4.(一)医食同源・薬膳
5.(左)演説
6.(中)がめつい
7.(遊)牛耳る
8.(捕)きつねうどん
9.(投)階段

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/01/08(日)23:21:03 ID:yMQ
説明あく

3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/01/08(日)23:28:08 ID:0oq
1
戦後の造語、死に様ならあった

2
「はなまちの母」という歌によって広まった読み

3
無声映画の弁士の言葉から流行、巻はフィルムを指すので江戸時代にはあるわけがない

4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/01/08(日)23:32:58 ID:0oq
4
70年代の健康食品ブームの広告コピーが中国に輸出された

5
本来は「仏の教えを説明する」意味

6
昭和の流行語、時代劇では絶対に不可
がめる+ガミツイという説がある

11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/01/08(日)23:39:19 ID:0oq
7
牛耳を執るを略した明治大正の旧制高校生の造語

8
明治に出来たメニュー

9
階段自体はあるが、江戸時代には無い言葉の可能性があり「はしご」「はしご段」
「段梯子」と呼んでいた



このページのトップヘ