動物

34 名前:渡る世間は名無しばかり 投稿日:2018/03/17(土) 22:57:58.88 ID:BlM5uZBQ
雀の保護施設なんてあるのかな

73 名前:渡る世間は名無しばかり 投稿日:2018/03/17(土) 22:59:55.69 ID:+PP+0eR/
>>34
大学の近くには必ず雀荘という保護施設があるな

83 名前:渡る世間は名無しばかり 投稿日:2018/03/17(土) 23:00:28.74 ID:BlM5uZBQ
>>73
それは大学生をダメにする施設ですね

95 名前:渡る世間は名無しばかり 投稿日:2018/03/17(土) 23:01:12.26 ID:w7m187/x
>>83
ダメな大学生を外に出さないよう保護してる


家の猫(3才・空子)が俺の布団で粗相をした。
私は散々怒鳴りつけてやった。「大バカ!」「間抜け!」「あほ子!」
酷く激昂して、「実はお前は、貰われっ子だ!」とつい、口にしてしまった。
しまったと思った。
奴は家を出ていった。
もう帰ってこないような予感がした。
私は激しく後悔した。
夕方帰ってきた。


26 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/12/25(日) 19:07:51.81 ID:nu4RNXhx0.net
俺が珍しくジョギングをしていた時のことだ。
道路右手の草むらがガサガサ音を立てたと思ったら数頭のイノシシが走り出てきた。
かなり大きい個体ばかりで、俺のやや後ろから道に出てきてそのまま俺に合流してきた。
一瞬で何頭かに追い抜かれて、どうすることも出来ずに俺はそのまま走り続けるしかなかった。
前に3頭、両側に1頭ずつ、後ろにも3頭、きれいに囲まれて俺たちは一緒に走った。
あまりに突然の出来事だったので恐怖を感じる暇もなく、
獣特有の匂いが強烈にして、イノシシって臭いんだなとか妙に冷静に考えてた。
しばらく(と言っても10秒ほどだと思うが)俺は確実に群れの一員だった。
というか、その時俺はイノシシだった。
だが蜜月の時は短いもので、イノシシ達は進行方向を左に変えて道路脇の藪の中にガサガサと
消えて行った。
なぜか一抹の寂しさを感じ、一瞬そのまま付いて行きそうになったが俺はそうしなかった。
後から思い出して冷や汗が出た。


102 名前:おさかなくわえた名無しさん [] :2018/01/28(日) 22:32:11.32 ID:ZrXtuoYO
瑞祥 @zuishoashi 2018-01-27 16:19:46
父、病院で猫アレルギーの疑いを指摘される。
医師「猫、どこかに預けられませんか」
母「猫いなかったら私がストレスで病気になります」
医師「じゃあ隔離して」
母「主人をですか」
看護師さん噴き出す


879 彼氏いない歴774年 [] 2018/02/15(木) 12:31:35.27 ID:39uHRgKH
仕事で辛いことがあった日に、帰り道の小鳥やさんの外につながれてる鳥に
「オカエリ!キョウモイチニチガンバッタネ!」
って言われてその場に座り込んで泣いちゃったこと。
小鳥やさんのおばあちゃんが何事かと出てきて、一人暮らし始めたばかりで新しい仕事にも
慣れなくて…と色々話聞いてもらって、次の日から通ると声かけてくれるようになった。
話聞いてくれる人がいるから何か頑張れるようになって、仕事も段々効率的にできるように
なって、職場の人達とも楽しく話せるようになった。
喋る鳥が優しい言葉をかけてくれたのは最初の一回だけで、ただいまって声かけても
「バーカウンコ!」
「ナニミテンダコラ!」
「ヤキトリニスルゾ!」
とか言われてる。
小学校の通学路だから仕方ないのか



このページのトップヘ