動物

16 名無しさん@1周年 2018/07/30(月) 02:02:30.19 qNdjdrL20
うちのワンコは、助けてくれとキューンキューンと鳴いて抱きつく時がある
ヘルプの鳴き声出してるくせに、
目はキラッキラでしっぽはブンブン振りまくってるから演技だとバレちゃう
でも抱っこしちゃうんだよなぁ


181 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/23(日) 22:29:45.13 ID:w+Uw02m+0.net
レトリバーも可愛いけど、
犬の中で一番かわいいのは柴犬だと思う。

でも、あんまり賢くなくて、
警察犬や盲導犬には向かないんだっけ・・・。

203 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/23(日) 23:51:57.01 ID:VmLZGItF0.net
>>181
いや、柴犬は頭がいい
頭が良すぎて勝手に自分ルールを作ったり
コマンドを理解しながら従わないという
いわゆる「知的不服従」が激しい傾向があるので
警察犬などの技能犬には向かないと言われてる

215 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/24(月) 00:55:25.96 ID:Rck8xk9Z0.net
>>203
それ人間で言ったら
DQNそのものじゃねえかよw

245 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/24(月) 13:46:54.41 ID:mToG25yE0.net
>>215
知能犯と言ってくれ

以前、犬種の忠誠度を測るTV番組で
7,8種の犬をお座りさせて、それぞれの前にオヤツを置き
飼い主が「待て」をかけて退出するというのをやってた
すると柴だけが隣の犬のオヤツを食べてしまい、
飼い主が戻ると「僕はイイ子に待ってましたー」という顔で尻尾を振ってた
自分が「待て」と言われたのは自分の前にある自分のオヤツであって、
隣のオヤツを食べるなとは言われていないという都合のいい解釈をしたわけだ
それが柴犬
そのズル賢さが面白い


1 :しじみ ★:2018/08/22(水) 10:01:08.15 ID:CAP_USER9.net
池の水を抜いて底を天日干しする「かいぼり」を実施した東京都立井の頭公園(東京都三鷹市、武蔵野市)の井の頭池で今夏、トンボの個体や種類の数が昨夏より増加していることが都や認定NPO法人「生態工房」(武蔵野市)などの調査でわかった。同法人の佐藤方博まさひろさん(45)は「かいぼりにより水質が改善された効果かもしれない」と分析している。

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/eco/20180822-OYT1T50008.html

2 :名無しさん@1周年 sage 2018/08/22(水) 10:01:54.96 ID:OlXAiKgo0.net
トンボ増えると何かいいことあるの?

6 :名無しさん@1周年 2018/08/22(水) 10:03:02.43 ID:LRqOJk/X0.net
>>2
蚊が減る
蚊を媒介にした病気が減る
老害が増える

地球が滅ぶ

13 名無しさん@1周年 2018/08/22(水) 10:04:03.20 ID:Vw3Am86z0
>>6
まじかよトンボ増えるといいことばかりだな


489 名前:名無しさん[] 投稿日:2018/07/28(土) 00:36:14 ID:gftmuEjIO
ついさっき、にゃんこを撫でながら色々と歌を歌ってて
かごめかごめを歌いながら撫でてたら
うしろのしょうめんだぁれ?って歌ったすぐ後ににゃんこが私の真後ろを振り替えって(それまで私に背中向けてた)チッチッて虫が来た時みたいな声と若干の威嚇声を混ぜながら膝上ってきたからガチでビビった
うしろは虫はおろか何もいなかったしタイミングがタイミングなだけに……
今は玄関を簾にしてるからリードが行動範囲なんだけど、それなかったら私の後ろに攻撃しにいってたかも

元々、何か呼び出せそうって言われるような歌い方だけども
そういえば、歌ってた時に口の中で音がハモってたな
一人なのに混声みたいな
稀にそうなるから気にしてないけど、試しに今やったらならない
暫くこれは夜に歌わないでおこう
怖いし


611 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/09/08(土) 21:30:32.49 ID:Oljv738a0
ゴキブリの走行速度に対抗出来る捕食性節足動物は
アシダカグモとゲジゲジだけ。
面白い事にこれら俊足三巨頭はそれぞれ、
六脚亜門・鋏角亜門・多足亜門と、別系統で進化した動物。

アシダカグモは長距離になると不利なため待ち伏せを主戦法とし、
脚先から伝わる僅かな振動と、体毛が捉える微妙な空気の動きで獲物を察知する。
天性のハンターで、餌を食べている最中であっても
新たな獲物を見付けると餌を放り出して狩りを優先する。
つまりアシダカグモが家にいるという事はゴキブリがいるという事。
ゴキブリを全滅させれば勝手に出て行く。唾液には強力な殺菌成分が含まれており、
常時全身を消毒してゴキブリの生息環境に存在する細菌に対抗している。

ガチでスピード勝負を仕掛けるのはゲジゲジ。
大きな複眼と長い触覚が獲物の動きを捉える。
ゴキブリを狩る為と言っていい様な特殊な進化を遂げており、
速度だけに特化した細長い脚、発達した視覚、防御を捨てて軽量化した外骨格、
失った防御力を補う為にオトリとして自切出来る脚、
高いガス交換率を得る背中に1列に並んだ気門、
ムカデ綱最大の武器である毒線さえ退化させている等、
属するムカデ綱の中で特異な存在。
速度だけでなく運動能力も高く、助走を付けたジャンプで
低空で飛ぶ獲物を捕らえる事さえあるという。
しかしあまりに特殊化しすぎたせいか、乾燥した環境には極めて弱い。
まるで運動性の為に防御を捨ててしまった零戦のような存在だ。



このページのトップヘ