怖い

    このエントリーをはてなブックマークに追加
14 名前:名無しさん必死だな [] 投稿日:2020/01/05(日) 15:03:10.32 ID:aZXXDiEa0.net
どうひっくり返っても理解できないフェチってある?(´・ω・`)

95 名前:名無しさん必死だな [] 投稿日:2020/01/05(日) 15:19:40.02 ID:VYiJTAcZ0.net
>>14
ピロフィリア(放火フェチ)
アクロトモフィリア(四肢切断フェチ)
ライヒェンシェンドゥング(死姦フェチ)
エロトフォノフィリア(殺人フェチ)
タナトフィリア(自殺フェチ)
オートアサシノフィリア(自己暗殺フェチ。自分が殺されることに性的興奮を覚える)
ズーフィリア(動物の交尾にのみ性的興奮を覚えるフェチ)
アンドロミメトフィリア(女に性転換した元男フェチ)
オキュロフィリア(眼球フェチ。眼球に無理やりち○こ突っ込んでレイプすることも)
ディスモーフォフィリア(奇形フェチ)

あと生きてる人の腹に穴を開けてちんちん入れて内蔵の感触を楽しむフェチ、マジで頭おかしい(´・ω・`)

105 名前:名無しさん必死だな [] 投稿日:2020/01/05(日) 15:21:58.83 ID:2a4CIeWc0.net
>>95
なんで、こんなこと知ってるの・・・(´・ω・`)

103 名前:名無しさん必死だな [] 投稿日:2020/01/05(日) 15:21:10.13 ID:BVMdoFEe0.net
>>95
こんなもん知ってるにぃにも相当やで(´・ω・`)

107 名前:名無しさん必死だな [] 投稿日:2020/01/05(日) 15:22:15.89 ID:gXbSVo0p0.net
>>95
にぃにはなんでも知っているね(´・ω・`)






    このエントリーをはてなブックマークに追加
676 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/11/20(水) 19:58:00.80 ID:IB7ZuQsb
>>675
大戦直後に、ミクロネシアの人食い人種にアンケートとった物好きがいる
大戦中、宗主国の監視が緩んで一時的に食人が復活していたらしい

一番美味いのは同族であるミクロネシア人
次が中国人で、臭みが全くない
中国人労働者積んだ船が近くで沈んだ時は祭りだったらしい
黒人は塩気が強く、硬い
白人は肉に獣臭さがある
アメリカ人が一番不味く、薬臭い

…今だと大分味が変わってるんだろうな

677 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/11/20(水) 20:02:48.69 ID:IB7ZuQsb
ちなみに、古今東西人食う理由は色々あるけど
ミクロネシアの場合は、単純に美味かったかららしい
豚に似た味で、豚より美味いとか

これがアフリカのダオメー(今のベナン)あたりだと、簡単に手に入るからだったり
良く聞く「敵の力を取り込む」って理由は、ニューギニア近辺だけだったりする






    このエントリーをはてなブックマークに追加
15 2019/01/08(火) 21:41:45.58 SR9YJrQw
知り合いのマンションのオーナーが美人モデルにマンションの鍵をあげたけど、
ありとあらゆるところにカメラ仕掛けてあるから、
それを売れば全然元が取れると言ってたな


    このエントリーをはてなブックマークに追加
299 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2018/10/10(水) 14:20:37.20 ID:w0PR5Men0.net
手短に書く

山で車内で休憩していると父と娘(成人済で知的難有)がくる

父が車内で1時間娘を預かってくれと頼む、その父は娘は子供ではないのだからわかってますよ?と意味深なことを言う

難あり娘が車内で誘ってくる

外で母カメラ待機

トラップ把握、怖かったおん


    このエントリーをはてなブックマークに追加
93 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2018/08/01(水) 00:48:21.46 ID:USl8ApYj.net
小3のとき、父親が蒸発した
多分サラ金に手を出して回りきらなくなったような感じ
もしかしたら女もいたのかもしれない
母親がパートから帰ると私と弟を軽自動車に乗せて、父がよく立ち寄っていたお店や施設に
何度も回って、母が駐車場でお店の人に写真見せて何か話してるのを
車内から見てた記憶がある
で、そんなことが二週間くらい続いたある日、母はメモに毎朝父宛の手紙を書いて
玄関やポストの目につくところに貼ってからパートに行ってたんだけど、その日からしなくなった
夕方、探し回りにも出かけなくなった
異様な雰囲気でなにも聞けず、その翌日に「お父さん、探さなくていいの?」と聞いてみたら、
母はものすっごく普通の、普段通りの顔と声のトーンで
「誰の話?」
と言った。なんか怖かった
それからは父は存在しなかった扱いになったんだけど、何度か弟も私も「お父さんは…」と話しても、
母は本当に嘘みたいに本当のような顔と声で
「やだ、何の話?あんた大丈夫?」
とか、まるでこっちが作り話してるみたいに返事をした
うまく言えないけど、人間ってバグを起こす生き物なんだな、みたいなことを
知識より先に実感して怖くなった記憶が今もはっきりある



このページのトップヘ