不思議・オカルト

299 :可愛い奥様:2007/08/10(金) 17:01:36 ID:jPEKayzm0
京都にお参りすれば願い事が叶うというお寺があるんだけど、それにまつわる話。

JR環状線のとある駅で乗り込んできた女の子3人組、ちょうど私の前の席で話す内容が
よく聞こえた。
「こないだ○○寺にお参りいったやん、私願いごと叶ったでー、正看試験受かった!」
「ほんまに?!おめでとう!実は私も彼氏できてん」
「すごいなー二人とも願い叶ってるなぁ。実はな、うちも海外留学いけるようになってん」
「すごい効き目やなー。そういえば○ちゃんの願いどうなってんろ」
その場にいない友人の話になり、正看に受かった女の子がポツリと、
「…○ちゃんな、入院してん、肝臓壊して」
「最近やっと面会できるようになってん」
「こないだお見舞いいってんけど、むっちゃ激やせして別人みたいやった…」
後の二人は顔を見合わせて、
「なあ、○ちゃんの願いってあれやんな…」
「…うん、○ちゃんずっと痩せたい痩せたい言うてたな」
「願い、叶ってるな…」

で、その○ちゃんは、4人でお寺にお参りに行ってからすぐ入院してたらしい。
もう3年くらい前の電車の中で聞いた話。
そのお寺のことを調べたら、一つだけ具体的な願い事をしないといけないようで、
もしかしたら○ちゃんは、ただ痩せたいとだけお願いしたのかなと思った。
ちょうどその頃行きたいと思ってたけど、その話を聞いて漠然とした願いしかないので
行けなくなりました。
一つだけ具体的な願いって難しいなぁ。
しかもこんな話聞いたら軽々しくお願いできない。


棺に入れてはいけない物の中に「生きている人の写真」があります。
理由は「あの世に呼ばれてしまうから」。

私「…という理由で、生きている方のお写真は入れられないんです。」
ご遺族「だからこそ入れて欲しいんです!こいつも連れて行って!!」

[棺桶]・ω・)」<<おそろしやー。


7 :名無しさん@1周年:2017/04/02(日) 19:03:42.17 ID:+SdZ8sSC0
幽霊がいるなら東京や広島なんて巨大心霊スポットだなw

54 :名無しさん@1周年:2017/04/02(日) 19:14:18.04 ID:Zob8ulD40
>>7
オカ板の説によると、核兵器のエネルギーは、
幽霊すらも焼き尽くしたからヒロシマには幽霊は出ないそうだ。


314:おさかなくわえた名無しさん:2006/10/30(月) 02:04:59 ID:IAu44lWi
日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。
トントンと包丁の音、台所では妻が昼飯を作っているようだった。

テレビをつけて携帯を見ると一昨日妻に内緒で行ったコンパで番号を教えてもらった
女性から着信履歴があった。
寝巻きのポケットに携帯を入れて台所を横切ってトイレに急いだ。

小声でその女性と何でも無い会話をしていたらキャッチが入った。
妻からだった。

俺はこっそり電話しているのがバレてしまったのかと思い慌てて電話に出ると
「もしもし?今起きたの?娘が部活で怪我したみたいで今迎えに行ってるから
お昼は冷蔵庫のものをチンして食べて」
と言われた。
電話の向こうから車の中のラジオの音も聞こえた。

電話を切らずにトイレを出て台所のドアをそっと開けて覗いて見ると、
台所の妻は携帯なんか持ってなくて、包丁を持って何もないまな板をただ切っていた。

手に握った携帯からは「もしもーし?」と妻の声がしている。
台所の妻と目が合ってしまった。

ゾッとした俺はパニックになって家を飛び出して、「早く帰って来い」ともう一度
妻に電話をして、二人がが帰って来るまで外で待っていた。

妻と娘が帰って来てから状況を説明して、みんなで家に入ったが誰もいない。
台所には誰かが作った料理が家族分用意されていたが誰が作ったのか分からず、
妻と娘には寝呆けていたんだろうと言われたが、そんなわけはない。
それじゃあ料理の説明がつかないし、俺は料理なんて出来ない。
不思議だ。


972 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[] 投稿日:2017/03/09(木) 15:10:04.22 ID:rD3uqmma.net
幽霊っぽいものを見たって話。

雨が続いた梅雨時。
その日も仕事が立て込んでおり、会社を出たのは9時過ぎ。
いつものように交通量の少ない、山間の川沿いの道を車で帰る。
前方の道の真ん中に人影。
ハイビームにしているので、結構向こう側にいるとわかる。
ブレーキを踏みつつ、人影に接近。
人影はボロボロの甚兵衛っぽいものを着たじいさん。
うつろな表情でこっちをみるが、通行の邪魔でしかない。
全く動かないのでしかたなく停車。軽くクラクションを鳴らすと、ニタァと笑う。
「なんだこのじじい」と思った瞬間、スーと消えた。

まさにパニック。
と、その時に地響きのような轟音。
ハイビームで照らしていた50m先の道で土砂崩れが起きた。
じいさんはこれを予期してくれていたのか?

でも普通に走っていたらどう考えても、土砂崩れが起きる前に通り抜けられた。
じいさんのせいで引き返し、迂回路をとおって一時間のロス。
無駄にでてくるなや。マジで。



このページのトップヘ