不思議・オカルト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
781 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/10/19(土)22:10:03 ID:xY.6i.L6
昔、両親と俺(当時小2)とで温泉旅行に行ったとき
チェックインしてすぐに温泉に入ったんだが、ごはんを食べてしばらくして
もう一度父と一緒に温泉に行き、母は部屋に残った。
そして温泉に浸かって部屋に戻った時に、その間に母が遭遇したと言う不思議な出来事。
母に聞いたことを覚えている限り正確に書く。

布団はもう敷いてあって、横になってテレビを見ていて眠くなってウトウトしていたら
後に気配を感じてもう戻ってきたのかな?と思い、振り向いたら知らない男の子が立ってた。
びっくりしたけど、どこかの子が部屋を間違えて入った来たんだろうと思って
「ぼく、部屋間違えたの?」って聞いたら「早く帰んなきゃいけないの」って小さな声で言う。
これはフロントにでも部屋に連れて行ってもらおうと思い
羽織を取ろうと一瞬男の子から目を逸らし「じゃあおばちゃんと一緒に・・・」と言いながら
再び男の子の方に向いたら居なかった。
文字通り煙のように消えてしまった。
あんな一瞬で部屋を出ていくなんて不可能だし、一切音がしなかった。

と言うことがあったらしい。
しかし母は何故か恐怖心が湧いてこなかったらしいんだ。不思議なぐらいに。
ただ(なんか見ちゃったかも・・・)って感じしかなかったと。

その日の夜中、父の携帯に電話が入って祖父が倒れて危ないかもしれないって。
それで旅館にタクシー呼んでもらって帰宅した。
すごいお金かかったらしいけどとにかく急いで帰った。
が幸いなことに祖父はどうにか命は助かった。今も元気に惚けてる。
衝撃的だったのはこの後で、もともと予定していた2泊3日の旅のスケジュールをこなしていたら
東日本大震災に巻き込まれていた。
更に衝撃的だったのは、実は俺の兄になるはずだった死産になった子がいたそうだ。
母が言うには、あの時の子供がその子のような気がして仕方ないんだって。
「早く帰らなきゃいけない」は、大変なことが起きるから早く帰れって事だったんじゃないかと。
だから全然怖いと思わなかったんだって。

もしかしたら母は本当に眠ってしまってて夢を見たのかも知れないし、
祖父は単に運よく助かっただけなのかも知れないし、
津波を免れたのも、実際多数の亡くなった人がいるのに幸運と言う言葉を使うのは違うのかも知れないが
やはりそこは運だったのかも知れない。
すべてが偶然揃ったってことなのかも知れないが、少なくとも両親と俺は
生まれるはずだった兄が助けてくれたんだと思ってる。






    このエントリーをはてなブックマークに追加
180 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2019/11/05(火) 20:05:07.72 ID:dokHyrNP
この三連休に先日脳梗塞で自宅で倒れた父方の祖父に快気祝いに訪問した
幸い障害はほとんどなかったんだが倒れた時は祖母が留守で数キロ離れたところに住む
祖父の遠い親戚の嫁さんがちょうど通りかかって見つけてくれたそうな
それを知っていたのでお土産をお礼代わりに持って行った時に聞いた話
当日その嫁さんは自転車で買い物に出かけてたけどスーパーと全然違う方向にあるうちの
祖父の家の方面になぜか行かなきゃ行かなきゃって気持ちになったそうな
それで祖父の家の前を通りかかった時に祖父の家の中から
「恩を返すのは今ぞ!」
って男の人の大声が聴こえたので何かと思ったら掃き出しの窓についてる濡れ縁にうつぶせに
倒れてた祖父を見つけてくれてすぐに救急車を呼んでくれたんだって
祖父は庭の草むしりしてたら急に気分が悪くなり家に戻ろうとして意識をなくしてた
その嫁さんは祖父と面識ないし誰が自分を呼び掛けてくれたのもわからないし恩ってのも
誰も知らないらしいけどそんなことあったのよーって話してくれた
全然怖くないけどそんなオカルティックな話が身近にあったことにびっくりした

185 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2019/11/05(火) 20:44:40.88 ID:vnojmjJE
>>180
これはいいオカルト

187 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2019/11/05(火) 20:51:41.79 ID:TIseDYwE [2/2]
>>180
> 「恩を返すのは今ぞ!」
祖父の台詞だったりして






    このエントリーをはてなブックマークに追加
956 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2019/09/27(金) 20:34:11.70 ID:vCUvrXRF0
>>923
俺の知合いで、ガチ見える人がいたんだけど、
幽霊って割と何処でもいるんだそうだ。
不審死だけじゃなくて、生き霊の幽霊とかもいる。

思いが凝って残ってしまったのが幽霊。だとその人はいってたな。
その人も梅田の廃墟街で見たと言ってた。
世間一般が思うイメージじゃなくて「普通に生活してた」らしい。

早い話、店の看板出してるのに遭遇したそうだ。
綺麗に身なり整えた壮年男性で、看板設置した後布で拭いて店に戻っていったんだ
多分、オーナー店長だったんだろうね。
お店が好きだったんだろうね。 だそうだ。
他にも店の前を掃いている人や、仕入れ返りらしい人もいたそう。
幽霊なんですか?ときいたら、幽霊だよ。廃墟だもん。
でも、当時の生活をしてるんだよ。店が好きだったから、思いが残ったんだろう。
だってよ。

・・・あれ?やっぱり怖くないな。聞いたときも牧歌的無き分にしかならなかったんだが






    このエントリーをはてなブックマークに追加
112 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/02/17(金)01:00:21 ID:Kpm
今から20年ほど昔、都内某所での出来事

金のなかった自分は不動産屋にわざわざ指定して事故物件を探してもらった
見つかった部屋は山手線、埼京線主要駅から徒歩15分の風呂なし玄関トイレ共同の4.5畳
当時の同スペックの部屋の相場の1/3の家賃だった

幸いな事に霊感と呼ばれるものが零感呼ばわりされる程度にはそういうオカルトとは無縁の人生だったので入居後も心霊現象に悩まされる事もなく快適に暮らしていた
風呂がなくともアパートから1分も歩けば銭湯もあり、家賃と月の銭湯代を照らし合わせれば風呂付きに住むよりはるかに格安で掃除しなくていい大浴場があり、トイレ共同といえど裏を返せば管理人が掃除するので自分が掃除しなくていいトイレなので考えようによってはとても快適だったと思う

ある日、何かの飲み会で泥酔して帰宅したが何か飲み足りないので飲み直しと自文に言い訳しつつ冷蔵庫の中から缶ビールを取り出し飲もうとしたところ

な に か い る

姿があるわけではないが明らかに何かいる
しかしこちらももうベロンベロンだし、なにより事故物件だと理解して住んでる前提だってある
そこで一言
「ビール飲む?あとでおさがりもらうけど」
と尋ね自分の分とは別にひと缶開缶した

翌朝目が覚めたらその缶は空になってたの多分おさがりによばれたのは間違いないけどそれ以来奴を感じることはなかった

後日、バイト先で話すと
意思確認、意思疎通もはかれない相手を問答無用で清めたんじゃないのかとか
お化けの人かわいそう
とか
散々悪者にされたのが修羅場






    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 名無しさん@1周年 2019/06/28(金) 20:24:17.27ID:reogVWXI0
現金じゃないと三途の川は渡れんぞ

47 名無しさん@1周年 2019/06/28(金) 20:30:51.32ID:/jd8/mrI0
三途の川の渡し賃の六文銭もSuica対応にしてほしい
同じ交通系企業なんだからJRと提携してよ







このページのトップヘ