恋愛・結婚・男女

    このエントリーをはてなブックマークに追加
478 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2020/01/04(土) 18:54:45.37 ID:tuJaU1a7
ハイスペ女子は同レベル以上の男性を求めるのに対してハイスペ男子は別にハイスペ女子でなくてもよい人が多いのでその非対称性によってハイスペ女子が余る

479 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2020/01/04(土) 20:32:08.08 ID:IL8RiZ9N
>>478
うちの可愛いだけのFラン在学中アホ娘の彼氏がハイスペ男子だわ
我が子ながらそれで良いのか?と心配になる

486 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2020/01/05(日) 02:30:13.37 ID:nZQwW9LZ
>>479
うちもだわ
ごく普通の女の子に育ったと思ってたら漫画みたいなスペックの男をつれてきた
しかも男のほうがぞっこんという
うちの娘が地味目なもんで盗れるとおもったギャルたちをばっさばっさと切り捨ててるらしい
先様のお母さんによると、あんまりにも女の子に邪険にするので将来男つれてきたらどうしょうと内心心配してらしたらしいんだけど、どちらかというと真面目だけが取り柄の地味目の娘を連れてきたので安心されて、すこぶるウケがいいらしい
まだ学生なもので先の話になるけれどこのままなにごともなくゴールインしてくれたらいいなと思ってる






    このエントリーをはてなブックマークに追加
64 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/11/24(日) 20:04:04.77 ID:g6Qf/hYx
>>61書き直し

もう離婚した元夫の話
年収ほぼ同じの夫婦共働きで子供はなし、料理は私が作る
料理好きだし別にそれは良かったんだけど、食べてる時に夫がため息ついたり、機嫌が悪くなるのが嫌だった
理由をきいても
「いや…お前だって働いてるんだし、これくらいはいいよ」
って言うだけ
はっきり言ってほしいと訴えても、上記の返事と同じようなことしか言わない
ある日元夫がとうとう「味が薄すぎる」と激怒
とはいえ私はレシピでみた分量通りに作っていたものばかりだからそんなに味が薄いとは思わない
結局双方の両親や兄弟夫婦を巻き込んで、元夫が味覚がおかしいので病院に連れて行こうと満場一致
そこで病院に行って克服してくれようとしたなら私達夫婦は続いたかもしれない
しかし元夫は
「薄い味ばかり食わせるから舌がおかしくなっただけ。お前(私)が悪い」
と喚いて、会社にもそう吹聴して揉めに揉めたから別れた
普段から社食でもソースや醤油を瓶半分以上使ってて、会社の人にも味覚障害なのバレバレなのに
未だに上記の事を喚いて病院に行かないらしい






    このエントリーをはてなブックマークに追加
882 SIM無しさん 2019/11/25(月) 22:34:15.97 ID:9BC2yEq8
彼氏に乗ってほしい車ランキング
第1位 トヨタ プリウス
第2位 トヨタ ハリアー
第3位 マツダ アクセラ
第4位 ホンダ ヴェゼル
第5位 マツダ CX-5

彼氏に使ってほしいスマホランキング
第1位 iPhone 11 Pro Max
第2位 iPhone 11 Pro
第3位 iPhone 11
第4位 iPhone XR
第5位 iPhone 8

886 SIM無しさん 2019/11/25(月) 23:08:32.28 ID:kdBPD3NT
>>882
車ならまだしも彼氏のスマホはこれが良いとか謎過ぎるやろw
お前が使うわけやないやんっていう

995 SIM無しさん 2019/11/30(土) 20:06:29.85 ID:cDpb22CR
>>882
自分と同じ機種使わせれば例え浮気してもバレるからという抑止力






    このエントリーをはてなブックマークに追加
384 2018/11/14(水) 23:49:16.52 ID:TlyO+att
>>367
モテルやつ、好かれる奴って別に顔よくはないもんな

・メンタル強め
・きちんと気配りができる
・折り目正しい、礼儀正しい
・動きが颯爽としてる
・健康的

これだけでだいたい平均より上






    このエントリーをはてなブックマークに追加
64 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/11/24(日) 20:58:24.95 ID:pkHxqBAj
>>57
特別な日に入籍しようとか言って
2月29日に入籍して結婚記念日を4年の内3日無き物にしようとした友人が居るな

66 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/11/24(日) 20:59:24.34 ID:JNDoyqo0
>>64
天才







このページのトップヘ